1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 無良崇人選手に注目!全日本選手権
  4. フィギュアスケートニュース » 
  5. 無良崇人選手に注目!全日本選手権
フィギュアスケートジャンプの見分け方
ジャンプの種類   アクセル ルッツ フリップ ループ サルコウ トウループ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

無良崇人選手に注目!全日本選手権

・フィギュアスケートのジャンプを見分けたくなるニュース

小塚崇彦選手と織田信成選手の対決も楽しみですが、

今シーズンからシニア初参戦した無良崇人選手にも

注目したいですね。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081219-00000111-san-spo

フィギュアスケートの全日本選手権は、来週25日から長野市(ビッグハット)で行われる。

高橋大輔(関大大学院)が負傷離脱中の男子シングルは、

グランプリファイナル2位の小塚崇彦(トヨタ自動車)、

NHK杯で復活優勝した織田信成(関大)の今季初対決が注目となりそうだが、

今シーズンからシニア初参戦した17歳も、

父子二代での世界選手権(来年3月・米国)メンバー入りを目指しており、

成長ぶりをどう発揮するのか注目される。

初めてのグランプリシリーズ出場となった先月末のNHK杯では5位と健闘。

しかし、目標としていた200点超えを果たせず合計198・07点。

「悔しい気持ちしかない」と振り返ったあたり、目指すレベルの高さがうかがえる。

全日本に向けての課題は「構成点、ジャンプの改善」と口にしていたが、

フリーの終盤に相次いだミスをどう修正できるか。

収穫としてあげた「シニアのジャッジを把握できた」という経験を、今回に生かすつもりだ。

東京・駒場学園高に通っていたが、父親でコーチでもある隆志さん(48)の転勤に伴い、

今年春から岡山・倉敷翠松高に通う。

平日で岡山にいる時は父の指導を受け、

主に週末は名古屋のリンクで長久保裕コーチに教わる生活を続けてきたが、

NHK杯の後はほぼ、名古屋で練習を続けているという。

今季は国際大会フィンランディア杯優勝、西日本選手権2位を含めて、

シニアの年長者と戦う中で結果を残している。

この点について、隆志さんは「本人の意志がしっかりしてきた。

プログラムを丁寧にやるようになった」と成長を実感。

全日本に向けても、順調に調整を進めている。

高さがあり、豪快なトリプルアクセル(3回転半)が武器。

高橋の離脱で心配された男子だが、無良の存在で層の厚みを実感できるようになってきた。

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://figureskatingjump.blog77.fc2.com/tb.php/47-e4a1a46e この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。